エネルギー問題は、温度上昇を2℃以下にとどめる最も重要な課題であり、これを実現するには大きな転換が必要とされています。トタルはこの問題に対して、次のようなエネルギー供給に取り組んでいます。

  • より安全なエネルギー。安全性は、トタルにとって最優先課題である以前にトタルの価値観を表すものです。安全なエネルギー供給を最優先させて、エネルギー産業における模範的な企業を目指します。
  • よりクリーンなエネルギー。2035年のトタルグループのグローバル戦略に国際原子力機関が定めた2℃シナリオを組み込み、エネルギー・ミックスを進め、環境フットプリントを削減していきます。
  • できるだけ多くの人々がアクセスできるエネルギー。

エネルギー産業をグローバルに展開する国際的な企業グループ、トタルは、遠隔地の住民を含め、あらゆる人々が利用できるエネルギー供給を開発する責任を担っています。
130カ国に9万6000人が働くトタルの従業員は、責任あるエネルギーを生み出すリーダー企業になるよう、日々努力しています。 


持続的で責任ある行動

責任あるエネルギーのリーダー企業になるには、組織のあらゆるレベルにおいて、すべてのステークホルダーとの持続的で透明性のある関係を構築していく必要があります。私たちトタルでは、環境と社会に対して最大限の責任を持った活動を実施し、関係する全員と共に持続的発展に取り組んでいます。

エネルギーを結集する

トタルでは従業員全員が、より良いエネルギーを提供するべく日々努力を続けています。すべての従業員にとって模範的な雇用主になることを目指し、持っている能力を誰もが余すことなく発揮できるよう、500種類の職種を提供しています。また私たちは、多様性と機会均等を大切にした取り組みを世界中で行っています。

Visuel_RH_JP

トタルと一緒により良いエネルギーを生み出しませんか?

トタルの求人情報はこちらをご覧ください

Visuel_CSR_JP

責任あるエネルギーのために

トタルのプロジェクトと持続可を知る