サンパワーがトタルを太陽光技術の最先端に導く

今日の世界は二重の挑戦に直面しています。世界のエネルギー需要への対応と、二酸化炭素排出量の削減による気候変動の解決法の模索です。トタルは、エネルギー多様化により両方が実現可能であることを考え、世界第2位の太陽光エネルギー企業(1)であるサンパワー(SunPower)の過半数株式を通じ、積極的に太陽光発電の開発に取り組んでいます。サンパワーのソーラーパネルは変換率21.5%で、世界トップクラスの信頼性、効率性を誇ります。

  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 9 JP

    PVサルバドール(チリ)
    チリ、アタカマ砂漠に位置する世界最大級の商業太陽光発電所(70 MW)。サンパワーによる建設、操業で高性能のソーラーパネルを誇ります。

  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 1 JP

    アメリカ、カリフォルニア州。
    バークシャー・ハサウェイ・エネルギー(Berkshire Hathaway Energy)の子会社BHE Renewablesとサンパワーが、世界最大級の太陽光発電設備、ソーラー・スター(579 MW ac)を建設。

  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 2 JP

    ドイツ、ミュールハウゼン。
    2004年にサンパワーが建設した同社所有の10 MWの太陽光発電プラント、ソーラーパーク。

  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 3 JP

    フランス南西部。
    サンパワーのソーラーパネルが民家の屋上に設置されています。

  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 4 JP

    アメリカ、デンバー州。
    コロラド・コンベンション・センターの屋根にはサンパワーのソーラーパネルが設置されています。

  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 5 JP

    アメリカ、カリフォルニア州。
    サンパワーが開発したカリフォルニア・バレー・ソーラー・ランチ(California Valley Solar Ranch)は世界最大級の太陽光発電プラント。カリフォルニア州の10万世帯に十分な電力の供給を可能とします。

  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 10 JP

    アメリカ、カリフォルニア州。
    サンパワーが開発したカリフォルニア・バレー・ソーラー・ランチ(California Valley Solar Ranch)は世界最大級の太陽光発電プラント。カリフォルニア州の10万世帯に十分な電力の供給を可能とします。

  • central_proof_sunpower_11_JP

    プリースカ(南アフリカ共和国)。
    サンパワーは独自開発のサンパワー・オアシスの技術を応用し、南アフリカ共和国で3番目となる太陽光発電プラントを建設した。プリースカは7万8000世帯相当の電力(86 MW)を供給する。

  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 6 JP

    UAE、アブダビ。
    中東では、サンパワーが高効率の太陽光発電技術を、マスダール科学技術研究所の屋根に設置。

Next Prev
  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 9 JP
  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 1 JP
  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 2 JP
  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 3 JP
  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 4 JP
  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 5 JP
  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 10 JP
  • central_proof_sunpower_11_JP
  • CENTRAL PROOF SUNPOWER 6 JP

世界第2位の太陽光エネルギー企業

トタルは太陽光発電にコミットします。グループ企業のサンパワー社を通して、太陽光エネルギー分野において世界第2位のグローバル・プレイヤーとなりました。太陽光エネルギーのエキスパートであるサンパワーのメンバーは、太陽光発電のあらゆる分野に秀でています:

  • 高効率太陽光発電技術のR&D。
     
  • 太陽光セルの製造とパネル(もしくはモジュール)の組み立て。
     
  • 家庭及び産業向けシステム構築。
     
  • 世界最大の太陽光発電開発プロジェクト、カリフォルニア州のソーラー・スター・プロジェクトをはじめとする太陽光発電プラントの一括設計。

高品質、高性能の製品

30年にわたり大胆に、そして最良を追求してきたサンパワーは、イノベーションに投資し、450以上もの特許を取得しています。現在、サンパワーチームの製造するソーラーパネルの発電効率は、基準となる一般的な技術である約17%に対し、21.5%に達しており世界最高の効率です。さらに、サンパワーの一部製品は、太陽光エネルギー市場において最も高い信頼性を誇り、25年以上利用しても太陽光発電セルの効率はなお一定の効率を保ち続けます。

サンパワーのソーラーパネルの温室効果ガス排出量は、従来のパネル(2)よりも40%低くなっています。この高いエネルギー効率、環境への配慮が評価され、サンパワー社のソーラーパネルはトタル・エコソリューション(3)、クレイドル・トゥ・クレイドル(Cradle to Cradle)(4)の認証を受けました。これは製品のデザイン・生産とリサイクルの両面において、サンパワー社の高い環境保護パフォーマンスが期待されてることを意味します。

サービス拡大によるエネルギーミックス向上

今日、サンパワー社は65ヶ国で事業展開しており、累計発電容量は6GWに達しています。トタルは、サンパワーと共に太陽光発電領域に関する最先端技術を提供し、新たなサービスを展開しています。現在のエネルギー問題に対する効率的な解決策を提示し、お客様のエネルギー利用の多様化を支援しています。

 

1 収益ベース。

2 市場流通製品の平均値(市場展開している4つの主要技術の市場シェアに基づく加重平均された性能値)。

3 トタル・エコソリューションは、企業、個人のお客様の環境フットプリント改善を支援するための製品、サービス開発に向けたイノベーション、継続的な改善に基づく。
 
4 クレイドル・トゥ・クレイドル・プロダクト・イノベーション・インスティチュート(Cradle to Cradle Products Innovation Institute)の認証は、5つの基準に基づきプロダクトの品質水準を証明します。5つの基準は、材料の毒性、材料のリサイクル、再生可能エネルギーの利用、責任ある水の利用と社会的責任。サンパワー社が世界各国で販売するソーラーパネルの75%がこの認証を受けています。
 

このプロジェクト をシェアする