アトテック : エレクトロニクス産業の将来的なトレンドを予想している会社

スマートフォンの液晶画面や自動車のダッシュボードの裏側には、アトテック社(Atotech)の主要技術が搭載されています。それは現代のあらゆる電子機器の根幹となるマザーボードです。

アトテック・ジャパン(Atotech Japan)は絶え間なく進化し続ける技術的環境に対応するため、独自の研究開発(R&D)とイノベーション能力を発展させ、顧客との直接的なコンタクトに重きを置いています。

  • JP_Japan_Proof_Atotech_An employee of Atotech Japan performing R&D tests at Yokohama tech Center

    横浜テクニカルセンター、神奈川県 - アトテック・ジャパンの女性従業員

  •  JP_Japan_Proof_Atotech_An employee overseeing production process at AtotechTech Center in Yokohama

    横浜テクニカルセンター、神奈川県 - 生産管理

  • JP_Japan_Proof_Atotech_Development Tests performed by an operator at Atotech Tech Center in Yokohama

    横浜テクニカルセンタ、神奈川県 - アトテック・ジャパンの研究開発従業員

  • JP_Japan_Proof_Atotech_An operator performing metalization tests - Atotech Tech Center in Yokohama

    横浜テクニカルセンター、神奈川県 - エレクトロニクス部門の男性従業員

  • JP_Japan_Proof_Atotech_New employees touring the facilities of Atotech Japan in Yokohama

    横浜テクニカルセンター、神奈川県 - アトテック・ジャパンの新入社員説明会

  • JP_Japan_Proof_Atotech_Tubes

    横浜、神奈川県 - テクニカルセンターにおける研究開発

  • JP_Japan_Proof_Atotech_Research & Development activities at Atotech Tech Center in Yokohama

    横浜テクニカルセンター、神奈川県 - アトテック・ジャパンの男性従業員

  • JP_Japan_Proof_Atotech_Ongoing metalization tests, under the supervision of operators - Atotech Tech Center in Yokohama

    横浜テクニカルセンター、神奈川県 - 生産管理担当の男性従業員

  • japan_proof_2_atotechAtotech Japan Operator at work in Yokohama Research Center.jpg

    横浜テクニカルセンター、神奈川県 - アトテック・ジャパンの一般鍍金部門 (GMF) の男性従業員 

  •  JP_Japan_Proof_Atotech_New employees receiving Safety Training at AtotechTech Center in Yokohama

    横浜テクニカルセンター、神奈川県 - 安全性に関する新入社員説明会

  • JP_Japan_Proof_Atotech_Entrance sign of Atotech Japan in Yokohama

    アトテック・ジャパンの横浜テクニカルセンターの入り口

  • JP_Japan_Proof_Atotech_Operators at Work - Atotech Tech Center in Yokohama

    横浜テクニカルセンター、神奈川県 - アトテック・ジャパンの男性従業員

Next Prev
  • JP_Japan_Proof_Atotech_An employee of Atotech Japan performing R&D tests at Yokohama tech Center
  •  JP_Japan_Proof_Atotech_An employee overseeing production process at AtotechTech Center in Yokohama
  • JP_Japan_Proof_Atotech_Development Tests performed by an operator at Atotech Tech Center in Yokohama
  • JP_Japan_Proof_Atotech_An operator performing metalization tests - Atotech Tech Center in Yokohama
  • JP_Japan_Proof_Atotech_New employees touring the facilities of Atotech Japan in Yokohama
  • JP_Japan_Proof_Atotech_Tubes
  • JP_Japan_Proof_Atotech_Research & Development activities at Atotech Tech Center in Yokohama
  • JP_Japan_Proof_Atotech_Ongoing metalization tests, under the supervision of operators - Atotech Tech Center in Yokohama
  • japan_proof_2_atotechAtotech Japan Operator at work in Yokohama Research Center.jpg
  •  JP_Japan_Proof_Atotech_New employees receiving Safety Training at AtotechTech Center in Yokohama
  • JP_Japan_Proof_Atotech_Entrance sign of Atotech Japan in Yokohama
  • JP_Japan_Proof_Atotech_Operators at Work - Atotech Tech Center in Yokohama

エレクトロニクス産業の技術的なノウハウ

トタルの子会社になってから20年以上が経つアトテック・ジャパンは、プリント基板の製造に関して高度な専門技術を持っています。同社のエレクトロニクス事業部門は多くの産業(自動車、航空宇宙、電気通信、医療…)にめっき薬品、生産技術や総合サービスを一括して提供しています。

進歩は、数多くの技術革新、広範囲にわたる研究開発からもたらされるものですが、技術の発展速度も著しいため、それだけでは成し得ません。これは特に通信機器製品に当てはまります。

アトテック・ジャパンの日本人エンジニアは2012年から共同開発を加速させ、前途有望な取り組みを積極的に行っています。アトテックのチームはエレクトロニクス分野のOEM(自社製品の製造者)と直接コンタクトを取りながら働くことで、彼らの要求に即座に応えるとともに、将来的な需要を予想することもできます。

対話と予測による革新

革新を促すためには技術が不可欠ですが、人と人の繋がりも重要な力を備えています。アトテック・ジャパンは常に、供給先の企業内における直接的、個人的なコンタクトに重きを置くことで、より効果的かつ革新的な電子部品を開発をサポートしています。

スマートフォン産業の場合は、顧客の役に立つようなエンジニアリング技術も提供しており、大手の電子機器メーカーのほとんどがその対象となっています。

「私たちの課題は、進化を続ける電子機器のスペックに常に応じることです。顧客とサプライヤーの絶え間ないコミュニケーションと相互的なフィードバックを通じて、私たちも顧客の需要を予想することができます」と、アトテック・ジャパンの代表取締役社長西田省三は述べています。

より薄く、より効率の良い製品を目指して

「小型化が現在のトレンドです」と西田社長は付け加えています。

実際に、スマートフォンの液晶画面はより大きく、ワイドに、その一方で本体はより薄くなってきています。アトテック・ジャパンは市場の需要に対応するため、プリント基板のサイズをコンスタントに小型化し、かつ顧客が手にする製品の性能、効率性を高める方法について研究しています。

多くの方々は、自分たちが日頃手にするものにトタルの技術が使われていることに気が付いていません。アトテック・ジャパンの主な開発の一つである、複数重なり合ったプリント基板に相当する多層マザーボード。

実はこれにより効率性が何倍にも高まり、製造者はスマートフォンの性能を更に向上させることができます。より小さく、薄い機器は、消費者にとってより高性能で、携帯しやすいものになるのです。

このプロジェクト をシェアする