当社は本ウェブサイトのコンテンツのカスタマイズやソーシャルメディア機能の供給、サイトアクセス状況の把握などのためにクッキーを使用しています。また、本ウェブサイト利用者の閲覧情報を当社ソーシャルメディアおよび分析会社にて共有し、すでに供給または収集された利用者情報とあわせて使用することがあります。
承諾する
カスタマイズする
Please check an answer for every question.
We use cookies to personalise content, to provide social media features and to analyse our traffic. We also share information about your use on our site with our socal media and analytics partners who may combine it with other information that you've provided to them or that they've collected from your use of their services.

23/03/2016 Press release

イセグループ、トタル、サンパワー社 による日本における太陽光発電所建設について

トタルとサンパワーによる日本における最初の太陽光発電所

イセ・トタル七尾発電所合同会社、イセグループ、トタル(CAC: TOTF.PA)及びサンパワー社(Nasdaq: SPWR)は本日、石川県七尾市における約27MWpの太陽光発電所の建設開始を発表しました。(2016年3月24日)

七尾太陽光プロジェクトは、イセグループが50%を、トタルとそのグループ会社のサンパワー社が残りの50%を等分に出資するプロジェクトです。本プロジェクトは、三井住友銀行が主幹事銀行であるノンリコースのプロジェクト融資を受けます。

同太陽光発電所の建設はすでに開始されており、2017年第一四半期に運転開始を予定しています。操業後から当初20年間は毎年約29ギガワット時の発電を見込んでおり、これは8,900世帯を超える一般家庭の電力需要に相当します。

日本を拠点として世界中で事業を展開する大手卵生産者であるイセグループ保有の25ヘクタールの土地に建設されるこの発電所は、同地域の電力系統に接続され、クリーンで信頼性の高い電力が地域の電力会社を通して地域に届けられる予定です。

「イセグループは、北陸地方最大級の太陽光発電事業を開始することとなり大変光栄に思います」イセグループ会長の伊勢彦信は話します。「これまで100年以上に渡って全国のお客様に卵をお届けしてきた弊社ですが、今後は自社の土地を利用した太陽光発電によってクリーンなエネルギーを提供することで、地域に更なる貢献をすることができます。事業規模約100億円の本事業を、フランス最大のエネルギー会社であるトタル、並びにトタルグループでアメリカに本社を置く太陽光発電技術及びエネルギーサービス企業であるサンパワー社と共同で成功に導いた上で、今後、国内各地にとどまらず東南アジア地域にも積極的に太陽光発電技術の導入を展開していく計画です。」

「トタルはイセグループとのパートナーシップによって日本でこの太陽光発電事業を開始できることを誇りに思います。私たちは伊勢彦信会長のこの国における再生可能エネルギー開発に向けたビジョンとコミットメントを歓迎します。」トタル新エネルギー部門のビジネス&オペレーション・シニアヴァイスプレジデントのベルナール・クレモンは言います。「トタルは1957年より日本で事業展開しており、これからもこの国での取り組みを継続します。太陽光発電業界のグローバルリーダーとして、2030年までに日本における再生可能エネルギーによる発電を全体の20%まで引き上げる目標のお手伝いが出来ることを喜ばしく思います。七尾プロジェクトは、私達の関連会社のサンパワー社が開発した高効率の発電技術の優位性を実証します。発電量を最大化することが、限られた日射量や複雑な地形的条件を持つ日本市場においてカギとなります。私たちは日本およびアジア地域における更なる太陽光発電事業の実現を目指しています。」

七尾太陽光プロジェクトは、サンパワー社の太陽光パネルによって同じサイズの土地に一般的なパネルを設置した場合と比較して60%多くの発電量を生み出すと共に他に類を見ない長期信頼性を提供します。あわせて、この地上設置発電所は世界レベルの耐震性基準を完全に準拠する様に設計されています。

「世界6大陸において700万キロワットを超えるサンパワーの太陽光システム実績とともに、この太陽光発電所はサンパワーの証明済みの経験と想像力豊かで高性能の技術を活用しています。」サンパワー社の上級副社長のエドアルド・メディナは言います。「私達は自身で手がける日本で最初の太陽光発電所建設により、長期持続可能でコスト競争力のある太陽光エネルギーの地域の家庭や職場への提供が、イセグループとトタルとの協業で可能となることを喜ばしく思います。」

 

イセグループについて

イセ食品グループは1912年、富山県高岡の地で鶏の遺伝、育種改良事業に着手して以来、お客様のご愛顧に支えられて2012年に創業100周年を迎えることができました。飼料づくりから育成、出荷まで、すべてを自社一貫管理するイセ・インテグレーションシステムにより、常に業界のトップランナーとして食品衛生管理に取り組んでおります。海外では、アメリカ東海岸主要6州で65%のシェアを持ち、中国・東南アジアへ展開しております。

トタルについて

トタルはエネルギーの供給も生産も統合して担う、国際的企業であり、世界有数の石油・ガス供給企業であるとともに、サンパワー社を有する世界第2位の太陽光エネルギー生産企業です。私たち10万人の従業員は安全で、クリーンで、より効率的で、より想像力豊かなエネルギーをより多くの人々へ届けるようにコミットしています。責任ある企業市民として、私たちは世界130カ国以上における操業が、継続的に経済的、社会的、環境的な観点から恩恵をもたらすように尽力しています。詳しくはホームページをご覧下さい(www.total.com)。

サンパワーについて

世界で最も創造性に満ちて持続可能なエネルギー企業の一社として、サンパワー社 (Nasdaq: SPWR) はさまざまな顧客に一体型太陽光ソリューションとサービスを提供しています。世界中の住宅向け顧客、ビジネス、政府機関、学校そして公益企業がサンパワーの30年以上にわたる実証済みの技術を信頼しています。最初にスイッチを入れた時から、サンパワー社は全ての太陽光システムにおいて長期に渡り、最大限の価値と最高のパフォーマンスを提供します。シリコンバレーに本社を構え、アフリカ、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、南北アメリカに事業を展開しています。サンパワー社は世界のエネルギーのあり方を変えて行きます。より詳しい情報はホームページ(www.sunpower.com)をご覧下さい。

©2016 SunPower Corporation. All rights reserved. MAXEON is a registered trademark of SunPower Corporation in Japan and other countries as well.

 

本件に関するお問い合わせ先

イセグループ(ISEパワー㈱): 村上和範, murakami-k@ise-power.co.jp, +81.3.5414.1555

トタル:Quentin Vivant, quentin.vivant@total.com, +33.1.41.35.37.44.

サンパワー:Ingrid Ekstrom, iekstrom@sunpower.com, +1.510.260.8368